アクティベーション後の振舞
Simple Wiki Based Contents Management System
Home Projects Memo Misc Topics Software
ソフトウェア関連 >> RTコンポーネント関連 >> eSEAT2 >> eSEATの詳細 >> アクティベーション後の振舞

eSEATコンポーネントのアクティベーション後の振舞

初期化プロセスのところでも記述していますが、eSEATコンポーネントのアクティベーション後に有効になるのは、RTCのポート(rctin, rtcout, provider, consumer)からの入出力です。それ以外のもの(GUIとWebアダプタ)は、下記に記載している「stateのルールに基づく反応処理」を実行しています。
eSEATでは、外部からのデータ入力として、RTCのデータポート(rtcin)、サービスポート(Provider)、Webアダプタ(web)およびGui部品からの4通りの入力経路があります。
  • Gui部品からの入力の場合は、各部品のイベント処理から直接起動されています。
  • サービスポート(Provider)の場合には、定義した実装関数が直接コールされるようになています。
  • Webアダプタの場合には、'/rct_onData', '/rtc_processResult', '/evalCommand'の3つの方法でeSEATの内部メソッドの呼び出しを行っています。
    特に、'/rtc_onData'と'/rtc_processResult'は、それぞれ onDataメソッドとprocessResultメソッドを呼出しを行っており、データポートからの入力とほぼ同じような振舞いをします。
以下では、eSEATのデータポートからの入力に対するstateのルールに基づく反応処理の実行の詳細について記述していきます。

stateのルールに基づく反応処理

内部処理が呼ばれるタイミング

通常のRTCでは、データポートからの入力を周期実行されるonExecuteメソッドの中で処理を行っています。
しかし、eSEATは対話制御を目的として開発されていたため、周期的な処理の中で入力データに対する反応処理を行うのではなく、eSEATDataListenserクラスがデータ入力ポート(rtcin)に関連付けることで直接内部メソッドの呼び出しを行っています。
データポートからの入力は、入力バッファを経由せず、直接onDataメソッドを呼出しています。

onDataメソッド内の処理

onDataメソッドは、eSEATクラスに実装されています。このメソッドは、Webアダプタからも呼び出されますので、コンポーネント内部変数 self.activatedをチェックし、この変数が真の時(RTCがアクティベート状態にある時)のみ処理を実行しています。
RTCがアクティベートされていれば、データポートからの入力dataの型に応じて下記のような動作を行います。
  1. dataTimedStringの時
    1. 入力されたデータ型がTimedStringの時には、まず、文字列データdata.dataをUTF-8に変換
    2. data.dataが音声認識システムからのデータだと判断し、 eSEAT_Core.processResultを実行
    3. 上記の処理でがを返したとき(音声認識の結果ではないと判断された時) eSEAT_Core.processOnDataInを実行
  2. dataTimedWStringの時
    1. data.dataが音声認識システムからのデータだと判断し、 eSEAT_Core.processResultを実行
    2. 上記の処理でがを返したとき(音声認識の結果ではないと判断された時) eSEAT_Core.processOnDataInを実行
  3. 上記以外のすべて
    eSEAT_Core.onDataを実行

eSEAT_Core.onDataの処理

eSEAT_Core.onData内部では、まず与えられたデータdataが文字列かどうかを判断します。この処理は、データポートからの入力ではほとんど起こらないのですが、Webアダプタからの入力に対応するためのコードになります。
  1. 入力されたデータdataが文字列の場合には、WebAdaptor.pyのparseData parseQueryString関数を呼出し、データ変換した結果をdata2にセットし、data2が空でなければ processDataIn(name, data2)を実行します。data2が空の場合には、processResultを呼び出し音声認識のデータと仮定し処理を行い、失敗すれば(processResultからの返り値が Falseであれば) processOnDataInメソッドを呼び出します。これは、前述の「onDataメッソド内の処理」におけるTimedWStringの場合と同様な処理です。
  2. 入力されたデータdataが文字列以外のときには、processOnDataInメソッドを呼び出します。
上記のように、eSEATのメインの処理は、eSEAT_Coreの processResultメソッドとprocessOnDataInメソッドになることがわかると思います。

eSEAT_Core.processResultの処理

  1. data が <?xmlから始まる文字列である。すなわちJuliusRTCからのデータである場合
    procesJuliusResult(name, data)を実行し、その結果(コマンド列)を cmdsにセット
  2. 上記以外うの場合
    lookupWithDefault(self.currentstate, name, data)を実行し、その結果(コマンド列)をcmdsにセット
  3. cmdsが空であれば、ログにメッセージを書き出し、を返す。
  4. cmdsに格納されたコマンド cmd の それぞれに対し、self.activateCommand(cmd, data) executeメソッドを実行する
  5. コマンドの実行終了後、を返す。

eSEAT_Core.processOnDataInの処理

  1. lockupWithDefault(self.currentstate, name, "ondata")を呼び出し、その結果(コマンド列)をcmdsにセット
  2. cmdsが空の場合には、logにメッセージを出力し、を返す。
  3. cmdsに格納されたコマンド cmd のそれぞれに対し、以下の処理を行う
    1. cmd[0]をkondにセット
    2. グローバル変数、seat, rtc_in_data, julius_resultに対し、
      1. seat = self
      2. rtc_in_data = data
      3. julius_data = None とする
    3. kond[0]の値がセットされていた場合、その名前のファイルが存在すれば、そのスクリプトを実行する
    4. kond[1]を評価(eval)し、真であれば cmd[1]の 配列の各要素cに対して self.activateCommandEx(c, data)を呼び出す。 executeメソッドを呼び出して実行する
  4. 上記の処理終了後、を返す

activateCommandの処理 (2017-11-22、この処理はTaskクラスのexecuteメソッドに置き換えられました)

activateCommandメソッドでは、第一引数で与えられた配列に応じて、applyMessage, applyLog, applyShell, applyScript, applyTransitionを呼び出します。各メソッドの機能は、下の通りです。
メソッド機能
applyMessage対応したアダプタにメッセージを送信する
applyLogログに出力する
applyShellsubprocess.Popenでシェルを実行し、その結果を指定アダプタに出力する
applyScriptexec関数で指定されたスクリプトを実行し、rtc_resultに値があれば指定アダプタに出力する
applyTransitioneSEATの内部状態遷移を起こす

activateCommandExの処理 (2017-11-22、この処理はTaskクラスのexecuteExメソッドに置き換えられました)

activateCommandExメソッドでは、第一引数で与えられた配列の最初の要素が 'c'のときその4番目の要素をNoneにセットし、activateCommandメソッドを呼び出します。

seatmlファイルの読み込みと構文解析
eSEATの詳細
eSEATの初期化プロセス