Wio Terminalを使ってみる
Simple Wiki Based Contents Management System
関心分野 >> Wio Terminalを使ってみる

Wio Terminalを使ってみる

最近、Amazonで見つけたWio Terminalを購入してみました。このデバイスは、ArduinoとMicroPythonで開発でき、コアプロセッサとして、ARM Cortex-M4F(最大200MHz)が載っており、無線LAN, Bletooth, RaspberryPi互換Pin, Groveポートなどが実装されています。
LCDやボタン、5方向スイッチなども搭載されていますので、以前作成した Keyboard+Mouseの代わりになるかと思います。
Wio Terminalの詳細については、オフィシャルサイトを参照して下さい。

Wio Terminalの開発環境を整備する

Wio Terminalの開発は、基本的にArduinoを使いますので、Windows, Linux上で開発することができます。
開発用のアプリケーションは、Arduinoのオフィシャルサイトからダウンロードすることができます。Windows10の場合には、Microsoft Storeからダウンロードすることもできます。
Linuxで開発する場合には、/dev/ttyACM0のパーミッションの問題もありますので、udevの設定をする必要あるようです。lsusbで確かめると
Bus 001 Device 125: ID 2886:802d  Wio Terminal (動作時)
Bus 001 Device 002: ID 2886:002d  Wio Terminal (開発時)
となっていました。そのため、/etc/udev/99-wioterminal.rulesを下のような内容で作成すると一般ユーザでもプログラムの書き込みができるようになります。
KERNEL=="ttyACM*", ATTRS{idVendor}=="2886", ATTRS{idProduct}=="002d",  MODE="0666"