RTCビルダ on the Web
Simple Wiki Based Contents Management System
Home Topics Projects Software Misc
ソフトウェア関連 >> RTCビルダ on the Web

RTCビルダ on the Web

RTCビルダ on the Webとは

RTCビルダ on the Web(RTCBoW)は、RTコンポーネントを開発するためのツールであるRTCビルダを、Webアプリケーションとして実装したものです。
本家のRTCビルダは、Eclipseのプラグインとして実装されており、問題なくインストールできていれば使いやすいツールなのですが、Eclipse自体がJavaを要求することもあり、Webアプリにできないかと思って開発を開始したものです。
開発にあたっては、単にRTCビルダのWebアプリ版を作るのではなく、Webアプリでできることを最大限利用することを念頭において開発を進めています。
RTCBoWの主な特徴は、以下の通りです。
  • Apache+PHPによる動作。利用者(開発者)は、Webブラウザのみ必要。
  • サーバー側でコンパイラを適切に設定すれば、実行オブジェクト生成も可能。
  • ソースコードの実装機能のサポート(簡易ソース履歴管理機能)
また、現在のところRTCoWでは、以下の機能が未実装です。
  • サービスポートをもったRTコンポーネントの作成機能
  • ドキュメント作成機能
  • Python,JavaのRTコンポーネントの作成機能(テンプレート生成部分を実装すれば可能)
  • VC++2010以外のコンパイラによる実行オブジェクト生成
  • BitBucket,Githubなどの外部リポジトリとの連携機能
その他、RTCBoWは、拙作のグルーウウェアWISHと同等のフレームワークで実装されていますので、カレンダーやプロジェクト管理等の機能を簡単に付加し、機能拡張を行うことができます。

RTCBoWのライセンス

RTCBoWは、修正BSDライセンスで公開しています。
産総研知的財産
 管理番号 :  H24PRO-1449
 名称    :  RTCビルダ on the Web

RTCBoWのダウンロード

RTCビルダ on the Webは、本サーバで動作しているMercurialのページから最新版をダウンロードすることができます。
詳細は、こちらから

インストールとセットアップ(サーバー側)

RTCBoWを用いたRTCの開発(クライアント側)